牧師の紹介

Introduction

福岡ベタニヤ村教会の牧師

教会にはいつもあなたを待っている牧師がいます。あなたに訪れるさまざまな試練、人生の苦悩、迷い、あるいは世間に揉まれて疲れ果てたとき、それは神さまが「わたしのもとに来なさい」と問いかけているのかもしれません。いつでもあなたをお待ちしています。

牧師

渡辺信一

1966(昭和41)年7月12日 大阪府堺市に生まれる。現在、二児の父。好きなことは、庭仕事、自転車で博多の町を散策、パペット(くまモン等)、平原綾香の歌を聞くこと、他。

信徒伝道者の家庭に生まれ、入信は1986年1月5日(堺キリスト教会、平良仁志牧師)。母方の曽祖父から数えて四代目のクリスチャン。1991年3月 桃山学院大学社会学部卒業後、一年間 工業用撹拌機器製造販売メーカーで勤務。1992年4月 雲仙普賢岳災害ボランティアセンター主事として着任。1994年4月 西南学院大学神学部に編入学、1998年3月同大学神学専攻科修了、1998年4月~2007年3月 市川大野教会牧師、2007年4月~2013年8月 静岡教会牧師、同附属静岡バプテスト幼稚園園長、理事長を兼務(2013年3月末閉園)、2013年9月 福岡ベタニヤ村教会牧師に着任。

福岡ベタニヤ村教会で、私が気に入っているところがあります。それは教会の二階ホワイエから眺める室見川の河畔の光景です。この場所で水曜日の教会の祈り会が行われ、また日曜日の礼拝の前後には歓談が持たれます。その際に見る光景とは違い、平日ひとりの時に眺める光景の方が私は好きです。このホワイエに立ち、ひとりで詩を朗読したり、賛美歌をうたい、祈りをささげると、張り詰めていた気持ちが和らぎます。「さあ、またがんばろう」と力やアイデアが湧いて来ます。そして、もう一つ気に入っていることがあります。それは教会がお墓を持っていることです(平尾霊園に教会墓地)。お墓は故人の遺骨が納められています。私はしばしばお花を持ち、お掃除を兼ねて故人に会いに行きます。墓の前で手を合わせると故人が親しく語りかけてくれるような気がします。どんなことがあっても、精いっぱい今を生き、今を楽しみなさい、と故人の傍らにおられる大いなる方(イエス)が語りかけてくれるような気がします。このホームページをお訪ねになった皆様、ぜひ私たちの教会にいらっしゃいませんか? 教会は神様への礼拝を通して、気づきを与えられ、私たち自身の心のリセットをし、より健やかに生きるために心の充電をするところではないかと私は思っています。神様のご加護と平安があるようにお祈りしています。

協力牧師

G.W.バークレー

協力牧師

水野英尚

1967年名古屋生まれ

2003年 西南学院大学神学部選科卒業し、福岡ベタニヤ村教会「重症児者とみんなの広場やかまし村」担当主事就任
2008年~ 福岡ベタニヤ村教会協力牧師
2011年〜 医療法人にのさかクリニック地域生活ケアセンター小さなたね所長

協力牧師

岩尾清志

1971年 西南学院大学法学部卒業
同年 浅野工事(株)入社
1999年 西南学院神学部入学
2002年 同学部卒業
同年6月 佐世保教会の牧師として赴任
2009年 佐世保教会牧師を辞任
2010年 福岡ベタニヤ村教会の協力牧師に就任
現在に至る