礼拝の案内

Worshipt

主日礼拝とは

11時からは主日礼拝です。クリスチャンは、主日(日曜日)に礼拝を捧げるべき、とされています。主日礼拝は、受付で渡される「週報」というプリントに記されている式次第のとおりに進められます。式次第は、教会によって若干異なりますが、「祈り」「讃美」「説教」「献金」「祝祷」などで構成されているというのは、どの教会でも同じです。礼拝には、聖書と讃美歌が必要ですが、持っていない方は受付で貸し出してもらえますので心配は不要です。

教会学校とは

当教会では、教会学校がおこなわれます。教会学校というのは、少人数のグループで聖書について学ぶことを目的とした学校です。たいていの教会でおこなわれていると思いますが、当教会のように朝からおこなわれるところもありますし、礼拝を終えて午後からおこなわれるところもあります。当教会は、12時15分〜12時50分というスケジュールでおこないます。クラスは年齢によって、幼児科・小学科・中高科・成人科(2クラス)の計5クラスあり、誰でも自由に参加できます。初めて来られた方で、自分がどのクラスに行けばいいかわからなくても、受付で案内してもらえますので、安心してください。教会学校は、「聖書教育」という教案誌のプログラムに従って、その週の聖書箇所を読み、意見交換をするという形で進めていきます。聖書のことをまったく知らなくても大丈夫です。初めての人に難しいことを聞いたり、意見を求めたりということはありません。初めての人にとっては、参加者が聖書に対してどんな考えを持っているのか、ということを聞くいい機会になるのではないでしょうか。

礼拝の主な流れ

日曜日の場合の例

  • 礼日礼拝(11:00〜12:00)
  • 教会学校(12:15〜12:50)
  • 食事(13:00〜13:45)

水曜日の場合の例

  • 聖書の学びと祈り会(10:30〜12:00)
  • 聖書の学びと祈り会(19:30〜21:00)

参加にあたって

※お越しいただくに当たり、聖書など特にご準備するものはありません。

※聖書について:新共同訳・発行所:日本聖書協会

※讃美歌について:新生讃美歌・発行所:日本パブテスト連盟

礼拝・活動スケジュール

礼拝や、イベント等のスケジュールを載せています。今後のスケジュールのご参考にしてください。