新着情報一覧

イベント

クリスマス礼拝

日時:2018年12月23日(日)11:00~
メッセージ:渡辺信一牧師
拝後に祝会(食事とゲーム)を予定しています。どなたでもお越しいただけます。

イベント

クリスマス・イヴ燭火礼拝

日時:2018年12月24日(月)18:30~
メッセージ:水野英尚協力牧師
クリスマス・イヴの夜を教会で静かに迎えてみませんか?礼拝のあとに、キャロリング(聖歌隊が家々を回ってイエスさまのご降誕を告げ知らせる、キリスト教国の習わしです)をおこないます。どなたでもご参加いただけます。

教会だより, 教会の動き

【御礼】秋の教会バザーは大盛況のうちに終了しました。

去る11月3日に当教会にて開催されました教会バザーは、150名を超えるお客様に来場いただき、盛況のうちに終えることができました。これもひとえに、ご献品をいただいたみなさまや、当日のお手伝いをしていただいたみなさまのおかげだと、教会員一同心から感謝しております。

みなさまにご協力いただいたおかげで、22万円を超える収益を上げることができました。この収益は、チラシなどでもご案内しておりましたとおり、「平成30年西日本豪雨災害被災地」「ペシャワール会」「地域生活ケアセンター小さなたね」「日本バプテスト連盟諸教会の働き」などのために献金させていただきます(クリスマス献金と合わせて年末頃に送る予定です)。

これからも、教会の働きについて心に留めていただき、またぜひ、礼拝にもお越しいただければ幸いです。

このたびは、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

教会だより, 教会の動き

2018年10月18日家庭集会

この時代の、この状況の中で祈るとは(軽めにあっさりと)

聖書:詩編46、マタイ福音書6:5-13、コロサイの信徒への手紙3:16-17
ほか「祈りの花束」を参考に(ヴェロニカ・ズンデル編 中村妙子訳 新教出版社 1987)

朝の祈りを始めてしばらく経ちました。当初は三日坊主で終わるかも知れないと思ったのですが、今もしっかりと続いています。それは祈らねばならない状況が眼の前にあるから、私の長女が受験を控えていること、教会の教勢が低迷していること、厳しい状況を抱えて歩む人びとがいる、ということがあるのでしょう。

私はスマートに祈れないたちで、祈る前に、必ずトイレに行き、用を済ませて、またティッシュペーパーを持って、祈り始めるのですが、いつの間にか、涙と鼻水でぐしゅぐしゅになってしまう事がしばしばです。鼻をかむたびに、お祈りを何回も中断します。そうして祈ると、25分近くかかるのです。

詩編は、祈りの花束だと言われます。詩編は、全部で150本の祈りの花々で構成されます。実際に読んで祈ってみると分かるのですが、いわゆる「しおらしい」「可憐な」祈りは一つもありません。情熱に満ちた祈りばかりで、なかには「敵を滅ぼし尽くしてください」との祈りも多々あります。私はこのような祈りを前にすると、躊躇して、思わず祈ることができなくなります。でも、よくよく考えてみると、詩編の作者ダビデや他の詩人たちのように、燃えるような情熱は無くても、祈る時に力を込めて祈るということはないでしょうか。私は、ひいきの引き倒しのような、親ばか丸出しの祈りを自分自身がよく祈っているなと自覚しています。

私が言えるのは、祈りを重ねているから、信心深くなるのではなく、一人ひとりの名前を挙げているから、心の中にある思いを挙げているからこそ、どんな状況でも揺らぐことが少なくなっているのではないかと思います。まだまだ神さまに委ねることは少ないです。つい自分が、という思いに駆られます。本当に大丈夫なのだろうか、という思いにもなります。でもその自分が祈ることが、神にゆるされている事実に私が今日を活かされ、力をいただいているのです。

 

 

 

 

 

からしだね, 教会だより

2018年11月8日からしだね

いよいよ来月になった原田先生の講演会です。

『子供の豊かな未来のために ~病院ができること家庭ができること~』
日時:2018年12月10日(月)19:00~21:00
場所:福岡ベタニヤ村教会
会費:500円
お申込み:https://kokucheese.com/event/index/540768/ より

300枚のチラシがすでに配布されました。QRコードでの申し込みも進んでいますよ。原田先生も楽しみにしてくださっています。

1人でも多くの方と講演会を迎えたいと思っています。このホームページをご覧の方で、興味のある方はぜひ申し込んでくださいね。

当日、会場でお会いしましょう! ちなみに来月のからしだねの定例会は12月13日(木)10:30〜12:30です。定例会でもお待ちしています。

教会だより, 教会の動き

今度の土曜日は秋の教会バザーです!

画像は昨日の礼拝後の様子です。教会員総出で、来る11月3日のバザーに向けて準備をしております。

たくさんのみなさまのお越しを心からお待ちしております。

バザー詳細については、こちらの記事をごらんください。

 

からしだね, 教会だより

10月のからしだね

お待たせしました!

パークサイドこころの発達クリニック院長の原田剛志先生の講演会の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

日時:12月10日(月) 19時-21時
場所:福岡ベタニヤ村教会
参加費:500円
対象:子供の発達の凸凹に不安の ある保護者及び支援者
申し込み:https://kokucheese.com/event/index/540768/ もしくは、下のQRコードからお願いします。
受付期間:10月15日(月)9時〜12月9日(日)15時

テーマは「子供の豊かな未来のために―病院ができること、家庭ができること」です。

発達障害というほどではなくてもどの子にも苦手なことがあります。その苦手感にどう向き合って子どもを可能性豊かに育てていくかのヒントになればいいなと思っています。子育て中の方、子供達を日々支援されている方、子育てで悩む保護者さんを支援されている方、単に興味がある方もぜひお越しください。1人でも多くの方々に聞いていただきたいと思っています。

今からぜひスケジュールに書き留めて空けておいて下さい。

当日キッズスペースはありますが託児はありません。駐車場に限りがありますので、近隣の駐車場をご利用ください。

一緒に学びましょう。お待ちしています。

※ アイキャッチ画像提供:福岡市

 

 

 

 

ピックアップ, 教会だより, 教会の動き

秋の教会バザーのおしらせ

毎年恒例のバザーを今年も開催いたします。

掘り出し物たくさん、おいしい食べ物もたくさん準備して、みなさまのお越しをお待ちしております。なお、バザーの収益は、「平成30年7月豪雨災害被災地」、「ペシャワール会」、「日本バプテスト連盟諸教会の働き」のために寄付させていただきます。後日、あらためて報告いたします。

日時 2018年11月3日(土)11:00~14:00
場所 福岡ベタニヤ村教会

物販
日用雑貨、和洋食器、手づくり品、おもちゃ、古着など
お食事
おでん、カレーライス、うどん、お惣菜、ケーキ、デザートなど

【献品をつのっています】
おうちで使わないまま眠っている日用雑貨、食器、古着などありましたら、ぜひ教会にお持ちください。

  • 新品もしくはそれに準ずるものをお願いします。
  • 動作しないもの、壊れているものはご遠慮ください。
  • 人形、ぬいぐるみはご遠慮ください。
  • 古着はクリーニング、もしくは洗濯済みのものをお持ちください。
  • 家具全般、大型家電(テレビ、冷蔵庫など)は取扱いません。
  • お持ちいただく前に、お電話いただけると助かります。
  • 教会に誰もいない時は、屋根付き駐車場においてください(連絡先を添えていただけると助かります)。

 

教会だより, 教会の動き

趣味の会

教会では不定期で、それぞれのお得意をお互いに教えあいっこする会を持っています。

今回は、20日の集会からの流れでそのまま残って、ちょっと前に流行った籠作りに挑戦。網目の籠に初挑戦の方もいました。苦労の甲斐があって素敵なのができました。

鉛筆立ても、自分の使い勝手の良い大きさに作り、ボタンをあしらってみたらまぁなんと可愛い。初めて作ったって思えなーい!

ここには載ってない方の作品もあるんですよ。1人ではテープカットも大変なんだけど、たくさんの手があると早い早い! みんなでおしゃべりしながら、お茶飲みながら、オヤツを食べながらの楽しい時間でした。

さて次はどんなのを作ろうかな〜。Mさん、Yさん、今度は写メさせてね。

 

 

 

 

教会だより, 教会の動き

2018年9月20日家庭集会

雨の1日でした。

集会が始まる頃は結構の雨量でしたが、汗をかきかき歩いて来てくださり、とっても嬉しかったです。

今日の聖書箇所はローマの信徒への手紙8章28節「神様は私達と共に働いて、万事を益となるようにしてくださる」でした。

最近読んだ本の中にこんな川柳があり、皆さんに紹介しました。

おいガンよ俺が食わせているんだぞ
本家より分家がげんき俺のガン

プッと笑える川柳ですが、こう書けるに至るにはどんな葛藤があったでしょうか。でも神様はガンでさえ益としてその人が生きる力とされる事を思います。ガンになっても自分らしく生きる。ガンになっても私は私であり、神様はそのあなたが尊いと言ってくださっている。そのあなたで良いと励ましてくださる神様にありがとう! です。

その本には「自己のあり様を肯定し、人間らしく生きようとするには、真に拠り所となる他者が必要である」と書いてあります。私はクリスチャンなので「真に拠り所となる他者」それは「イエス様」の事ですね!と嬉しい思いで読みました。さっきの川柳を書いた方もきっと真の拠り所となるイエス様から力を頂き、万事を益としてもらったんだなと思いました。

オヤツのわらび餅「これって全体を透明にするって難しいよね〜」と言うと、「そうそう! 白いとこが残るよね」と言ってもらい、ホッとした私でした。きな粉と黒蜜で頂きました。

 

 

 

 

からしだね, 教会だより

2018年9月13日からしだね

学校が始まりましたね。みなさんのお子さまはどんな感じですか?

今日は原田先生の講演会の内容を詰めました。日にちが2つに絞られました! 決まったらすぐメンバーのみなさんにはお知らせしますね

いつも同じ話になりますが、最近子供に大きな変化がないとか、割と落ち着いてる時って、お母さんは安心して、子どもから少し目が離れちゃうよねという話になりました。ゆっくりできるときはゆっくりしたいもんねぇ。という声が聞こえてきそうです。

でも、そんな時こそ心にゆとりを持って子供が見られるかも! と思います。ゆっくりしながら、でも子供から目を離さないって大事だねと話しました。うちの子、これができないではなく、ここまでできるよねって見られるようになると素敵だなと思います。

そして分かってはいるけどやっぱり「受け止める」「受け入れる」の大変さを痛感します。

自分のことでも「私はいい加減なところがあるんだ〜」と言えても、夫から「お前はいい加減やもんな」と言われるとムッとする……これって、実は自分はいい加減だと受け入れてないことなんですよね……あぁ受け止めるって難しい!

神さま! 事実を事実として受け止める勇気をください! 甘いものでも食べて元気出しましょう!

教会だより, 教会の動き

2018年9月6日趣味の会

ちょっと前に流行った紙テープで作るバッグ。懐かしいと思う人と、初めてですという人がいます。やってみたーい!という声に押されて、じゃあ作る?  ということで興味のある人たちが集まりました。

おしゃべりしながら始めましたが、いつの間にか順にハマっていき、黙々とひたすら編む作業となりました。

一息つく時は、まぁ賑やかなおしゃべりが〜! とても楽しい時間でした。仕上がりが射程範囲に入ると、頭の中はもう次のデザインに……。

次回は、20日の家庭集会に引き続き、お昼からやりましょうかと話しています。やってみたい方はどなたでもどうぞお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

教会だより, 教会の動き

2018年8月30日家庭集会

まだまだ暑い日が続いています。今日はいつもより一週間遅い第4週に家庭集会を持ちました。

今日はヨハネによる福音書6章25〜40からのお話です。ここではイエスさまは人々にひたすら命のパンの大切さを語りますが、人々にはなかなか通じず、人々はあくまで目に見えるパン、お腹の満たされるパンを欲しがる姿が描かれています。

命のパンは朽ちないパン! 置き換えればそれはイエスさま。イエスさまを食べて生きる生き方を神さまは望んでおられます。

まだまだ信仰の薄い私だけれど、イエスさまの木につながって、そこから養分を頂いて生きていきたいと思います。

今日参加してくださったお二人の共通点はアニメ! 最近のアニメは奥が深い! と声を揃えて言われました。アニメには人の悩み、喜び、苦しみが描かれており、そこから励まされたり、自分と向き合うことがあるとの事。

アニメとは縁のない生活をしてる私ですが、ちょっと興味が〜。アニメを知るのも若い人達を理解するきっかけになるかもですね。

イエスさまは「わたしのところに来る人を、私は決して追い出さない」と力強く宣言してくださってますから、安心して命のパンを食べて身をゆだねましょう。

今日はお茶のおともにオレンジシフォンケーキ! オレンジピールも入っていてとっても美味しかったです。Mさんありがとう!

教会だより, 教会の動き

2018年8月26日夏を送る会

8月26日の礼拝後、壮年会の主催で「夏を送る会」を開催しました。

みんなでバーベキューをいただきました。炭で焼いた肉や野菜はとてもおいしく、大変暑かった今年の夏を思い返しながら、楽しいひとときを過ごしました。

これから教会は、秋のバザーに向けての準備が始まります。秋から冬にかけても、さまざまな活動を通して、イエスさまのことを伝えられる教会でありたいと願っています。

 

 

 

 

教会だより, 教会の動き

2018年7月15~16日一泊修養会

7月15日より湯布院の温泉旅館で教会学校教師会主催の一泊修養会を行いました。

山の宿は抜群に見晴らしがよく、温泉と食事で満たされたのですが、それ以上に印象深かったのは夜の語り合いの時間でした。

福岡ベタニヤ村教会は、来年伝道開始40周年になるのですが、教会の成り立ちには、当時の青年たちの熱い思いを抜きにしては語ることができません。初期メンバーから語られる、信仰に対する真剣さ、それゆえのエネルギーの傾け方、だからこそできた教会の立ち上げ。そこにあった不安も含めて、ベタニヤ村教会の軌跡を聞くことができました。

翌日は、山登りと観光の2つのグループに分かれて楽しく遊びました。教会では見られない表情や賑やかなお喋りなど、充実したひとときを過ごしました。また来年もやりましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主日礼拝のおしらせ, 礼拝・集会のおしらせ

2018年7月22日主日礼拝

当教会の主日礼拝は、午前11時よりおこなわれます。

2018年7月22日主日礼拝

「わが恵み、汝に足れり」
― ヨハネによる福音書5:1-10 ―

メッセンジャーは、岩尾清志協力牧師です。
11:00よりおこないます。ぜひお越しください。
礼拝のあとに、教会学校をおこなっています。こちらも続けてご参加ください。

 

教会だより, 教会の動き

2018年7月19日家庭集会

驚くような暑い毎日が続いてます。

「命の危険がある暑さ」という言葉が毎朝聞こえて来ます。みなさん、熱中症には気をつけましょうね。

今日は第1テサロニケ5章12-22を読みました。少ない人数でしたが、教会が初めてという方と一緒に聖書が読めたことは本当にうれしいことでした。

今日は「今がいちばんよい」と思って生きてきた義母の話をさせていただきました。今がいちばんよいと思うことは今を喜び、感謝して生きることにつながると、私は義母の生き方から教えてもらいました。

聖書では「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」と教えます。みんなわかってはいるけど、なかなか難しいことだと思います。でも、この3つこそ、神さまが私たちに望んでいることだというのです。しかも「キリスト・イエスにおいて」と。

イエス・キリストではなく「キリスト・イエス」となっています。キリスト、つまり「救い主」を強調しているのです。

いつもニコニコといった単なる喜びではなく「真の喜び」とは、やはりイエスさまの命がけの愛を知らねば本当の喜びにはならないのではないでしょうか。そして私たちの助け手であるイエスさまに祈り、ともにいてくださるイエスさまに感謝する。そこからしか本当の意味の「喜び、祈り、感謝」は出てこないのではないかと思いました。

沖縄の美味しい紅芋シュー! 写真がボケましたが、味はやさしいお味でした! Kさん、今日は参加できないのにわざわざありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

からしだね, 教会だより

2018年7月12日からしだね

酷暑の日々が続いています。

7月12日はからしだねの日でした。今月も子供達のいろんな話が出ました。

〇〇ちゃんは一人で黙々と好きなことできるから、研究者になるかもね!

うちはまだ何が好きなのかがはっきりわからないわ。

うちは集中してる時はいいけど、自分の納得がいかない時に必要以上に落ち込むの。バランスの取り方が難しいわ。などなど。

自分も含めて子供のデコボコに対して、放っておかずに手助けの方法を少しでも早く見つけていくと、先は広がると信じて私たちは集まっています。

ゆうゆうセンターからお知らせが来てます。
詳細は、こちらのリンク先(PDF)をご覧ください→ http://www.fc-jigyoudan.org/youyou/pdf/H30/KensyuuKouza/H30kyousai.pdf

日時:8月23日(木)13:45〜16:45
場所:早良市民センター
申込:092-845-0040
fax 092-845-0045
Email:youyou@fc-jigyoudan.org

以下の事項を記入して申し込んでください。往復葉書も可です。
記入事項
1 講座名:みんなで考える「発達障がいのある子どもへの支援」
2 連絡先住所
3 氏名(要ふりがな)
4 電話番号・fax番号
5 申し込まれる方の立場(本人、保護者、支援者、 市民など)
※250名定員です。

来月は8月9日(木)に、そうめん流しをおこなう予定です。子供たちと一緒に楽しみましょう!

教会だより, 教会の動き

6月の家庭集会

福岡ベタニヤ村教会では、諸事情により日曜日の礼拝に出席ができない方々の御自宅を訪問して、家庭集会をおこなっています。

ともに讃美歌を歌い、聖書を読み、語らいの時間をもっています。今回は、旧約聖書の創世記から「ヤコブの夢」と題して、牧師がお話ししてくださいました。ヤコブは、兄エサウの権利を、父親を騙して奪いとりました。そのために逃亡する羽目となり、逃亡の途中に野宿した時の夢です。

神様はヤコブを見棄てることななく守ってくださり、祝福することを約束して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

からしだね, 教会だより

2018年6月14日からしだね

今日はうれしいことに、Mさんが本当に久しぶりに来てくださいました。からしだねに最初に来られた時は、子どもさんがまだ小学校の3年生くらいだったでしょうか。

聞けば、その子どもさんはもう中学生とのこと。時の経つのは早い……。授業では書くのが苦手のようですが、それならタブレットの使用を学校に頼んでみたら? とアイデアが出てました。個人的には、学校生活の中でもっとタブレットが使われるようになってほしいと思ってます。

しばらく「からしだね」に来ていなくても離れてしまうことなく、また顔を出してくれたことがとてもうれしかったです。みなさん、いつでも待ってますよ!

―話変わって―

以前より、「パークサイド心の発達クリニック」の原田先生にお話を依頼したい思っていましたが、いよいよ実現に向けて動き出しました。詳しい日程が決まりましたらお知らせしますので、みなさん楽しみにしていてくださいね。