2019年10月17日大石集会

教会の動き

今月は久しぶりの方も来て下さり、懐かしく嬉しい集会となりました。

今月の集会はルカ12章16~21(ちょっと中途半端……)とレオ・レオニの「フレデリック」という絵本を読みました。

ルカのお話は、「今ある倉では収穫しきれないほど豊作の年の話です。畑の主人は少しでも多く保存したいと大きな倉を作り直し、たくさんの収穫物を保存しました。「これから先の食糧の心配はいらないぞ。さあこれからは楽しもう!」と思ったところへ神様のひとこと。「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ」。この話はまだ続きがあるのですが、続きは聖書をご覧ください。

今日はそれと絵本を読みました。何とも心がほのぼのする、ちょっと変わったのねずみたちの話です。

ねずみの仲間が越冬のために食料をせっせと集めているのに、何にも働かなかったフレデリックが、主人公です。冬になって食料も尽き果て、希望も無くなり心が凍えそうになった仲間を励ます話です。

生活の中でしんどい時、これから先のことが見えなくてつらい時、あなたの中にフレデリックはいるでしょうか。

私には聖書のみ言葉がフレデリックの言葉と重なって思えました。

来月も第3週の木曜日、11月21日の10:30~12時でおこないます。興味のある方は教会へお越しください。