2019年1月17日家庭集会

ブログ

2019年が始まりました! 家庭集会もまた始まりました。今年もよろしくお願いします。

今回はマルコ14章3節、「ナルドの香油」と言うと「あーあの話ね」と言う人もおられることでしょう。

この話はマタイとルカの福音書にも出てくるお話です。どれもちょっとずつ設定が違うのですが、場所がベタニヤというのは同じです。ストーリーとしては、食事の席で、ある女性がイエス様の頭に超高価なオイルをかけたという話です。

マルコにだけあるのは、この女性が香油をかけるのに「壺を割った」ということです。「壺を割る」とわざわざ書いてあることに、以前はただ単にとにかく香油を全部、と強調したいのだろうと思っていました。しかし、今回天からの試練を受けた私が、改めてこの箇所を読んだ時「壺を割る」という意味が違ってきました。

私は自分なりに香油をかけようと決断して出席した会合でしたけれど、イエス様が私に望まれたことは、壺の中の「全部」ではなく、香油をかき集めようとしてもそのかき集めたいという未練さえ断ち切れと言わんばかりの「その壺を割れ!」ということだったのです。

壺を割るという決断は本当に大変な事です。私の場合、1人で壺を割ることができず、結果みんなの手を借りて割った感じになりました。「あー、割れてしまった!」という気さえしていますが、割れた壺は戻りません。恐れるな、あなたのための平和の計画というみ言葉を頼りに、前向きに進んでいきたいと思います。

おぜんざいを食べて元気に!(写真) やっぱり甘いのは、美味しい〜!

2月も第3木曜日21日です。どなたでもご参加下さい。