昨日の教会学校より

教会だより, 教会の動き

CIMG05289月7日の教会学校、中高科クラスの報告です。教会学校は、礼拝前のひととき、朝10:00よりおこなっています。

今回は「中高科」の報告です。中高科は、中学生、高校生を対象とした教会学校です。

先生は、天野姉、前野姉、水野兄の三名で、毎週、男女3~7人前後の出席があります。

本日はテキスト『聖書教育』に基づいて、創世記31章を学びました。発題は天野先生でした。先生の発題は、ヤコブが神様から生まれ、故郷に帰りなさいという今日のテーマだけではなく、広い範囲でヤコブの生涯に渡っての説明がなされ、とてもわかりやすかったと思います。そして、この箇所から何を学ぶべきかを、先生自身の視点から提起されます。

先生は、ヤコブが多くの人と「出会う」ことを学んで、私たちも「人と出会うことは偶然かも知れないが、人と出会わないと物語は始まらない(感動とか、喜びとか)」ということを教えてくださいました。

教義が終わったあとに、それぞれのこの1週間の出来事などについて、みんなで楽しく語り合うことができました。